コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代の山雅信 チヨノヤママサノブ

デジタル大辞泉の解説

ちよのやま‐まさのぶ【千代の山雅信】

[1926~1977]力士。第41代横綱。北海道出身。本名、杉村昌治。突っ張りを得意とし、優勝6回。引退後、年寄九重(ここのえ)として出羽海部屋から独立。→第40代横綱東富士 →第42代横綱鏡里

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代の山雅信 ちよのやま-まさのぶ

1926-1977 昭和時代の力士。
大正15年6月2日生まれ。昭和16年出羽海(でわのうみ)部屋に入門,20年入幕,26年41代横綱となる。190cmの長身からの突っ張りを得意とし,優勝6回。34年引退して九重(ここのえ)部屋をおこし,横綱北の富士らをそだてた。昭和52年10月29日死去。51歳。北海道出身。本名は杉村昌治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千代の山雅信の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門清水宏五所平之助島津保次郎斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆寺山修司プドフキン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android