コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代泉

4件 の用語解説(千代泉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

千代泉

沖縄県、千代泉酒造所が製造する泡盛。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ちよいずみ【千代泉】

愛知の日本酒。蔵元の「磯貝醸造場」は明治30年(1897)創業。所在地は碧南市築山町。現在は休造中。

ちよいずみ【千代泉】

沖縄の泡盛。酒名は、終戦直後、千代に平和を願うという思いを込めて命名。一般酒と古酒がある。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数30%、35%など。蔵元の「千代泉酒造所」は昭和23年(1948)創業。所在地は宮古島市平良字狩俣。

ちよいずみ【千代泉】

静岡の粕取り焼酎。酒名は、富士山から千代に湧き出る泉のように長く愛飲されることを願い命名。清酒醸造中にできた酒粕を昔ながらの蒸籠(せいろう)で蒸留。原料は清酒粕。アルコール度数25%。蔵元の「富士正酒造」は慶応2年(1866)創業。清酒「千代の峯」の醸造元。所在地は富士宮市下条。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone