コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千石豆 せんごくまめ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

千石豆 (センゴクマメ)

植物。マメ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物。フジマメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

千石豆[豆類]
せんごくまめ

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に岐阜市南部で生産されている。明治時代初期に栽培が始まったという。三日月型で、若莢を食す。肉厚で独特の風味があり、和えもの・煮物などに利用される。4月下旬から10月下旬にかけて収穫。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

千石豆の関連キーワードフジマメ(藤豆∥鵲豆)東海地方

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android