コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉孝胤 ちば たかたね

1件 の用語解説(千葉孝胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉孝胤 ちば-たかたね

1443-1505 室町時代の武将。
嘉吉(かきつ)3年7月18日生まれ。千葉輔胤(すけたね)の子。下総(しもうさ)佐倉城(千葉県)城主。父とともに足利成氏(しげうじ)に属す。文明10年上杉定正(さだまさ)に攻められ臼井(うすい)城にこもる。11年太田道灌(どうかん)に攻められ敗れた。永正(えいしょう)2年8月19日死去。63歳。通称は千葉介。名は「のりたね」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉孝胤の関連キーワード近衛政家イワン梅枝イワン後法興院記十三陵足利義勝小倉宮金蔵主日野有光

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone