コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉孝胤 ちば たかたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉孝胤 ちば-たかたね

1443-1505 室町時代の武将。
嘉吉(かきつ)3年7月18日生まれ。千葉輔胤(すけたね)の子。下総(しもうさ)佐倉城(千葉県)城主。父とともに足利成氏(しげうじ)に属す。文明10年上杉定正(さだまさ)に攻められ臼井(うすい)城にこもる。11年太田道灌(どうかん)に攻められ敗れた。永正(えいしょう)2年8月19日死去。63歳。通称は千葉介。名は「のりたね」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

千葉孝胤 (ちばたかたね)

生年月日:1443年7月18日
室町時代;戦国時代の武将
1505年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

千葉孝胤の関連キーワード国府台城千葉自胤戦国時代生年月日太田資忠千葉勝胤室町時代臼井城赤塚城嘉吉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android