コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉時常 ちば ときつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉時常 ちば-ときつね

?-1247 鎌倉時代の武将。
千葉常秀(つねひで)の次男。下総(しもうさ)埴生(はぶの)荘(千葉県)をつぐが,父の死後,兄秀胤(ひでたね)に押領される。三浦氏の乱ののち兄が北条時頼の命をうけた大須賀(千葉)胤氏に上総(かずさ)一宮の大柳館で攻められたとき助けにゆき,宝治(ほうじ)元年6月7日兄とともに自害した。通称は下総次郎,埴生次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉時常の関連キーワード千葉常秀

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android