コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉泰樹 ちば やすき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉泰樹 ちば-やすき

1910-1985 昭和時代の映画監督。
明治43年6月24日清(しん)(中国)長春生まれ。昭和5年河合映画の「蒼白き人々」で監督デビュー。戦前日活で「人生劇場・残侠篇」,南旺映画で「空想部落」,戦後新東宝で「生きている画像」などを手がけ,東宝の「大番」が大ヒットした。昭和60年9月18日死去。75歳。神戸商業卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉泰樹の関連キーワード『社長』シリーズ丘は花ざかり中田 耕二悪の愉しさ二人の息子石黒 達也矢口 陽子加東 大介徳川 夢声河村 黎吉昭和時代映画監督鬼火下町

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉泰樹の関連情報