千葉泰樹(読み)ちば やすき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉泰樹 ちば-やすき

1910-1985 昭和時代の映画監督。
明治43年6月24日清(しん)(中国)長春生まれ。昭和5年河合映画の「蒼白き人々」で監督デビュー。戦前日活で「人生劇場・残侠篇」,南旺映画で「空想部落」,戦後新東宝で「生きている画像」などを手がけ,東宝の「大番」が大ヒットした。昭和60年9月18日死去。75歳。神戸商業卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉泰樹の関連情報