千野 栄一(読み)チノ エイイチ

20世紀日本人名事典の解説

千野 栄一
チノ エイイチ

昭和・平成期の言語学者 東京外国語大学名誉教授。



生年
昭和7(1932)年2月7日

没年
平成14(2002)年3月19日

出生地
東京・渋谷

学歴〔年〕
東京外国語大学ロシア語学科〔昭和30年〕卒,東京大学言語学科〔昭和33年〕卒,カレル大学(プラハ)スラブ語科〔昭和38年〕卒

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔平成4年〕「言語学大辞典」(共編著)

経歴
ロシア語の歴史を勉強するうち、言語学の世界に目がひらけ、昭和33〜42年チェコスロバキアの政府留学生としてプラハに滞在。古代スラブ語を文献学的に研究した。帰国後、東京教育大学助教授を経て、東京外国語大学教授。のち和光大学学長。英語を皮切りに、チェコ語、ドイツ語、フランス語、ポーランド語、セルビア語など10数種語をものにした語学の専門家として知られた。著書に「ポケットのなかのチャペック」「言語学の散歩」「言語学のたのしみ」「注文の多い言語学」「外国語上達法」「プラハの古本屋」「言語学への開かれた扉」「ことばの樹海」、訳書にカフカ「アメリカ」、チャペック「ロボット」、クンデラ「存在の耐えられない軽さ」、共訳にクンデラ「微笑を誘う愛の物語」、共編著に「言語学大辞典」他。童話の翻訳も多数ある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報