コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千金甲古墳 せごんこうこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千金甲古墳
せごんこうこふん

熊本県中部,熊本市西区にある古墳。甲墳と乙墳に分かれ,いずれも円墳である。甲墳は横穴式石室で,石室の壁に同心円文,対角線文を浮彫にし,赤,青,代赭色(たいしゃいろ)に塗られている。乙墳は横穴式石室の石の屋形の内面に同心円文,靭,弓,大刀,舟などが陰刻され,赤や緑で彩色してある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千金甲古墳
せごんこうこふん

熊本市西区の権現(ごんげん)山、高城(たかじょう)山、楢崎(ならさき)山一帯に群集する古墳群の一つで、とくに第1、第3号墳は装飾古墳として著名。第1号古墳(6世紀初頭)は坪井川の河口に近い権現山の中腹斜面、同市小島(おしま)町勝負谷にあり、直径約10.5メートル、高さ3.6メートルの円墳。石室内に3区の屍床(ししょう)を設け、奥壁に4個の靭(ゆき)を浮彫りにし、その上に2段に並ぶ10個の対角線を重ねた図形と、2段に並ぶ同心円を交互に浮彫りにし、赤、青、黄色で塗り分けている。両側壁にも2段に並ぶ同心円と対角線文を交互に浮彫りにし、赤、青、黄色で塗り分けている。第3号古墳(6世紀後半)はこれより300メートル離れた高城山の尾根にあり、石室奥の石屋形(いしやかた)内壁に靭と弓、同心円、舟、大刀(たち)などを線刻で表し、赤と緑で彩色している。これら両古墳は1921年(大正10)国史跡に指定された。[乙益重隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

千金甲古墳の関連キーワード熊本県熊本市西区小島下町千金甲古墳〈甲号〉熊本県立美術館浮彫り

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android