協定税率(読み)きょうていぜいりつ(英語表記)conventional tariff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「協定税率」の解説

協定税率
きょうていぜいりつ
conventional tariff

ある国が他国との貿易を行う際に,通商条約関税条約によって特定品目に対し協定された低い関税率をいう。日本などガット GATT加盟国の場合,ガットに基づく関税交渉を通じて定められ,ガット付属の関税譲許表に掲載されている税率がこれにあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

会計用語キーワード辞典「協定税率」の解説

協定税率

WTO譲許税率とも呼ばれます。WTO協定上、WTO加盟国・地域に対して一定率以上の関税を課さないことを約束(譲許)している税率をいいます。その税率が、国定税率より低い場合、WTO全加盟国・地域からの産品に対して等しく適用されます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

デジタル大辞泉「協定税率」の解説

きょうてい‐ぜいりつ〔ケフテイ‐〕【協定税率】

ある国が他国との条約により、他国の特定産品に対して約束した一定の関税率。
GATTおよびWTO協定によって定められた関税率。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android