協定税率(読み)きょうていぜいりつ(英語表記)conventional tariff

  • きょうていぜいりつ〔ケフテイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ある国が他国との貿易を行う際に,通商条約関税条約によって特定品目に対し協定された低い関税率をいう。日本などガット GATT加盟国の場合,ガットに基づく関税交渉を通じて定められ,ガット付属の関税譲許表に掲載されている税率がこれにあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

協定税率の関連情報