南ア戦争(読み)ナンアセンソウ

デジタル大辞泉の解説

なんア‐せんそう〔‐センサウ〕【南ア戦争】

1899~1902年、英国と、アフリカ南部のオランダ系住民の国トランスバール共和国およびオレンジ自由国との間で行われた戦争。英国が両国に侵入して植民地とし、1910年に南アフリカ連邦を成立させた。ブール戦争ボーア戦争ブーア戦争南アフリカ戦争

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南ア戦争の言及

【ボーア戦争】より

…19世紀末から20世紀初頭にかけて南アフリカの支配をめぐってイギリス人とボーア人Boerの間で行われた帝国主義戦争。ブール戦争,アングロ・ボーア戦争,南ア戦争などとも呼ばれ,第1次戦争(1880‐81)と第2次戦争(1899‐1902)がある。 グレート・トレックの結果,1852年建国されたボーア人のトランスバール共和国は,70年代に財政事情が悪化した。…

※「南ア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報