コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南天萩 ナンテンハギ

大辞林 第三版の解説

なんてんはぎ【南天萩】

マメ科の多年草。山地の草原に自生。高さ約50センチメートル。葉は広披針形の小葉二個から成る複葉で、小托葉がある。六、七月、葉腋に青紫色の細長い蝶形花が多数総状につく。二葉萩ふたばはぎ。タニワタシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

南天萩 (ナンテンハギ)

学名:Vicia unijuga
植物。マメ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

南天萩の関連キーワードタニワタシ葉腋複葉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android