コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南斗六星 なんとろくせい

4件 の用語解説(南斗六星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南斗六星
なんとろくせい

いて座に属する2等星1個と3等星5個がつくっているひしゃく形につけられた名称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんと‐ろくせい【南斗六星】

夏、南の夜空に見える射手座の中心部に、柄杓(ひしゃく)を伏せた形に並ぶ6個の星。二十八宿の一つの斗宿にあたる。→

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんとろくせい【南斗六星】

射手いて座の一部で、北斗七星に似た柄杓ひしやく状の六つの星。二十八宿の一つである斗宿を形作る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南斗六星
なんとろくせい

いて座の上半身と弓の一部を構成する六つの星をつなぐとできる、ひしゃく型の星の並び。北天の北斗七星の対として南斗六星とよばれる。西洋でも北斗七星を「大きなさじ(Big Dipper)」といい、これに対して南斗六星を「(小さな)ミルクさじ(Milk Dipper)」とよぶ。中国の二十八宿の斗宿の別名でもある。道教では、北斗七星を「死をつかさどる神(北斗星君)」、南斗六星を「生をつかさどる神(南斗星君)」とする考えがある。
 8月中旬の午後7時ころに南東の空に、午後8時ころに南南東の空に、午後9時ころに南の空に見える。南斗六星の付近は天の川銀河の中心方向なので、多くの星雲や星団を見ることができる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南斗六星の言及

【いて座(射手座)】より

…ギリシア神話で半人半馬族ケンタウロス族に属する賢者ケイロンの姿をかたどり,弓に矢をつがえ,さそり座のアンタレスをねらう姿になる。星座の主体をなすのはひしゃく形に並ぶζ,τ,σ,φ,λ,μの6個の星で,中国では南斗六星と呼んでいた。α星ルクバト(アラビア語の射手のひざに由来)は,この星座のずっと南のほうにあり,明るさはわずか4.1等しかない。…

※「南斗六星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南斗六星の関連キーワード手結射手射手具足射手座大前矢代弓立ち射席長崎県壱岐市石田町湯岳射手吉触射位

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone