コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いて座 いてざ Sagittarius

翻訳|Sagittarius

2件 の用語解説(いて座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

いて座
いてざ
Sagittarius

射手座。9月の初めの宵に南中する黄道星座。概略位置は赤経 19時,赤緯-25°。占星術では黄道十二宮の第9番目。星座の形は普通矢を放つケンタウロスを表すが,ウマに乗った射手としての姿が紀元前11世紀にバビロニア人により考えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いて座
いてざ / 射手座

夏の宵、南天に見られる星座。黄道十二星座の一つで人馬宮。ギリシア神話では半人半馬のケンタウロスの一人ケイロンが矢をつがえた姿とされている。目をひくのはζ(ゼータ)星からμ(ミュー)星までの6個の星が柄杓(ひしゃく)を伏せた形に並んでいる部分で、中国ではこれを斗宿(としゅく)とよび、北斗七星に対してこのほうを南斗六星(なんとろくせい)とよんでいた。ケイロンのつがえた矢の先のあたり2万8000光年のところに銀河系の中心があり、このため、いて座付近の天の川は全天でももっとも明るく幅広く見えている。星雲、星団も多く、双眼鏡を向けると散光星雲のM8干潟(ひがた)星雲やM20三裂(さんれつ)星雲、散開星団のM23やM25、球状星団のM22などの姿を見つけだすことができる。[藤井 旭]
『NHK取材班著『NHKサイエンススペシャル 銀河宇宙オデッセイ4 ET・宇宙人との交信 宇宙環境と生命』(1990・日本放送出版協会) ▽えびなみつる著『はじめての星座案内――見ながら楽しむ星空の物語』(2001・誠文堂新光社) ▽藤井旭著『春・夏星座図鑑――もっと知りたい春・夏の星座』(2002・偕成社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いて座の関連キーワード射手座海豚座黄道帯初三人馬宮艫座水蛇座矢座南の冠座いて座(射手座)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いて座の関連情報