南部(読み)みなべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南部(和歌山県)
みなべ

和歌山県中部、日高(ひだか)郡にあった旧町名(南部町(ちょう))。現在はみなべ町の南西部を占める地域。1897年(明治30)南部村が町制施行。1954年(昭和29)岩代(いわしろ)村を編入。2004年(平成16)南部川(みなべがわ)村と合併、みなべ町となる。太平洋に面する南部川河口にあり、海岸に沿う熊野街道(国道42号)と南部川に沿う龍神(りゅうじん)街道(国道424号)が分岐し、JR紀勢(きせい)本線が通じる。名称は、中世の南部荘(みなべのしょう)にちなむ。江戸時代に始まるウメ栽培の発祥地で、現在では栽培地も拡大し、名産の梅干しなどウメ加工の中心地となっている。またウメの開花期には、多数の観光客が梅林を訪れる。岩代(いわしろ)地区には有間皇子(ありまのおうじ)の結松(むすびのまつ)の伝説があり、熊野九十九王子の一社である千里(せんり)王子社(県指定史跡)など熊野街道(熊野古道)沿いに史跡も多い。アカウミガメの産卵地として有名な千里の浜(千里ヶ浜)は、県の名勝・天然記念物に指定されており、田辺南部白浜海岸(たなべみなべしらはまかいがん)県立自然公園域。埴田(はねた)に、みなべ温泉と国民宿舎紀州路みなべがある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南部の関連情報