岩代(読み)いわしろ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩代(和歌山県)
いわしろ

和歌山県中部、日高郡みなべ町の一地区。熊野街道(国道42号)に沿い、JR紀勢本線(きのくに線)岩代駅がある。結松(むすびのまつ)の伝説地として知られる。658年(斉明天皇4)謀反の疑いで紀温湯(きのぬるゆ)に送られた有間皇子(ありまのおうじ)は、この地で「磐代(いわしろ)の浜松が枝を引き結び真幸(まさき)くあらばまた還(かえ)り見む」(『万葉集』)と詠んだ。「結び松」や記念碑がある。また、岩代大梅林には約2万本のウメが植栽されている。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩代の関連情報