コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部荘 みなべのしょう

3件 の用語解説(南部荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

南部荘【みなべのしょう】

紀伊国日高郡の南部川下流域,現和歌山県みなべ町一帯に所在した荘園。成立事情は不明だが,1109年の史料に〈南陪庄〉と初見。領家職は伏見宮守子内親王から五辻宮頌子内親王に伝えられたが,1175年頌子内親王は父鳥羽院の菩提(ぼだい)を弔(とむら)うため高野(こうや)山に蓮華乗院を建立,その仏餉灯油人供の料所として荘内山内村の水田10町を寄進したため,領家職の一部は蓮華乗院に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなべのしょう【南部荘】

紀伊国日高郡(現,和歌山県日高郡南部町,南部川村)の荘園。荘名の初見は《中右記》天仁2年(1109)10月21日条で,〈南陪荘〉と記す。成立事情はつまびらかでないが,後三条天皇の皇孫伏見宮守子内親王から鳥羽院皇女五辻宮(いつつじのみや)頌子内親王に伝領された。1175年(安元1)頌子内親王が鳥羽院の菩提を弔うために高野山に蓮華乗院を建立し,荘内の山内村水田10町を寄進し,領家職(りようけしき)の一部が高野山に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南部荘
みなべのしょう

紀伊(きい)国日高(ひだか)郡にあった高野山(こうやさん)蓮華乗院(れんげじょういん)領の荘園。現在の和歌山県日高郡みなべ町の地域にあたる。当初鳥羽院(とばいん)皇女五辻宮(いつつじのみや)頌子内親王(前斎院(さきのさいいん))の領であったが、内親王没後の1194年(建久5)に全荘が蓮華乗院に寄進され、年貢は下司(げし)の請負で現米300石、色代200石が納入されることとなった。承久(じょうきゅう)の乱(1221)後、紀伊国守護佐原家連(さはらいえつら)がこの荘の地頭となり、地頭請所(うけしょ)荘園となった。年貢は梶取(後の船頭にあたる)によって紀伊湊(みなと)(和歌山市)に運ばれ、荘内には市(いち)も開かれて年貢の銭納も行われた。宝治(ほうじ)合戦(1247)後地頭は交替したが、年貢の未進が続き、1394年(応永1)に、守護大内氏の給人(きゅうにん)と荘内下地(したじ)は折半されることとなった。室町時代には守護畠山(はたけやま)氏による守護請が行われたが、納入年貢は減少の一途をたどった。[佐々木銀弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone