コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部信光 なんぶ のぶみつ

2件 の用語解説(南部信光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部信光 なんぶ-のぶみつ

?-1376 南北朝時代の武将。
南部信政の子。父の死により祖父政長の跡をつぎ,陸奥(むつ)八戸(はちのへ)(青森県)を拠点に南朝勢力の中心となった。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年北朝方の神大和守の軍勢を甲斐(かい)(山梨県)波木井(はきい)郷でやぶった。永和2=天授2年1月23日死去。幼名は刀寿丸。通称は三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南部信光

没年:永和2/天授2.1.23(1376.2.13)
生年:生年不詳
南北朝時代の武将。信政の子。母は工藤氏の娘で加伊寿御前と伝えられる。幼名刀寿丸。薩摩守。奥羽南朝の中心人物で,北畠顕家を助けて活躍した。観応1/正平5(1350)年,祖父政長から陸奥国糠部郡八戸郷(青森県八戸市)などを譲られて家督を継いだ。その後,本領である甲斐国波木井郷(山梨県身延町)に帰った。貞治6/正平22年に同地で,北朝の神大和守と合戦したことが伝えられている。のちに再度八戸郷に帰り,弟政光に家督を譲り,同地で死去。<参考文献>『遠野市史』2巻

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部信光の関連キーワード兼次(2)菊池武澄斯波兼頼田原直貞長井貞頼南部信政南部政光南部政行和田助朝藤原為憲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone