コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮石寺 ふせきじpu-sǒk-sa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮石寺
ふせきじ
pu-sǒk-sa

韓国,慶尚北道栄州郡浮石面北枝里にある寺院。文武王 16 (676) 年,新羅華厳宗の祖義湘 (ぎしょう) の創建であるが,現存遺構は高麗中期以降の再建。金堂にあたる無量寿殿は,正面5間の入母屋造で,細部の架構に中国宋代建築様式の影響を受け,天竺様式 (柱心包様式) を忠実に模している。殿内には国宝『阿弥陀如来坐像』が安置されているが,これは新羅末期の彫刻様式を伝える唯一の大型塑像 (像高 2.7m) である。また境内の祖師堂は,鳳停寺極楽殿と並ぶ朝鮮最古の木造建築であり,堂内の6壁面に描かれていた『二菩薩像』『四天王像』とともに国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

浮石寺【ふせきじ】

韓国,慶尚北道栄州郡にある寺。新羅(しらぎ)時代中期,676年華厳(けごん)宗の祖師義湘(ぎしょう)が創建。無量寿殿(1376年再建),祖師殿(1377年建立)は高麗時代の建築で,前者は朝鮮の木造建築最古の遺例,後者は四天王や菩薩の壁画で飾られている。
→関連項目高麗

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふせきじ【浮石寺】

韓国,慶尚北道栄州郡浮石面にある華厳宗の寺。山号は太白山。新羅文武王16年(676)義湘(ぎしよう)国師により創建された名刹。寺名は無量寿殿後方の巨石が浮いたようにみえるところから浮石寺とつけられたともいい,また善妙尼の霊が石を浮かせて義湘を法難から救ったという伝承もある。寺地は鳳凰山の山麓に石壇を段々に築き,下段に3層石塔2基,第3段に梵鐘楼,第6段の安養門から最上段の無量寿殿に至る。無量寿殿の正面に統一新羅時代の石灯と礼拝石,東方の高台に同時代の3層石塔を配り,北方の山道をたどって祖師堂に至る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮石寺
ふせきじ / プソクサ

韓国(大韓民国)の名刹(めいさつ)。676年に義湘(ぎしょう)が華厳(けごん)の根本道場として設立した。慶尚北道の栄州から太白山塊の懐深く入った所、鳳凰(ほうおう)山の斜面に位置し、幾重にも築かれた高い石壇の上に堂塔が建っている。鳳凰山浮石寺という扁額(へんがく)のかかる梵鐘楼(ぼんしょうろう)があり、さらに上方には李朝(りちょう)建築の傑作安養楼と、本堂無量寿殿がある。無量寿殿は1376年の重創と伝えられ、高麗(こうらい)の木造建築の粋を伝えている。本尊阿弥陀如来(あみだにょらい)、前庭にある新羅(しらぎ)時代の八角石灯、別の高所にある新羅時代の高さ5.62メートルの三層石塔などとともに、すべて国宝になっている。[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浮石寺の関連キーワード対馬からの仏像盗難をめぐる経緯ヨンプン(栄豊)郡ヨンジュ(栄州)市朝鮮建築仏教建築梵魚寺修徳寺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮石寺の関連情報