コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部利雄 なんぶ としかつ

1件 の用語解説(南部利雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部利雄 なんぶ-としかつ

1725-1780* 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)10年6月11日生まれ。南部利幹(としもと)の長男。南部利視(としみ)の養子となり,宝暦2年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家9代。6年の大飢饉(ききん)などで藩財政は窮迫(きゅうはく)したが,家老に藩政をゆだねたまま「そうしろ」というのみで惣四郎殿とよばれた。安永8年12月5日死去。55歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南部利雄の関連キーワード嬉野次郎左衛門ピョートル河東節ティチング前古典派音楽谷木因新井白石エカチェリーナクライブスカルラッティ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone