コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部直政 なんぶ なおまさ

2件 の用語解説(南部直政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部直政 なんぶ-なおまさ

1661-1699 江戸時代前期の大名。
寛文元年5月6日生まれ。南部直房の長男。寛文8年陸奥(むつ)八戸(はちのへ)藩(青森県)藩主南部家2代となる。儒学,詩文にあかるく5代将軍徳川綱吉(つなよし)に目をかけられ詰衆,側衆をへて側用人にすすんだ。元禄(げんろく)12年3月16日死去。39歳。通称は武大夫。号は南浩然,松洞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南部直政

没年:元禄12.3.16(1699.4.15)
生年:寛文1.5.6(1661.6.2)
江戸中期の八戸藩(青森県)藩主。名は武太夫。藩主直房の嫡子として盛岡に生まれる。母は盛岡藩士川口氏の娘。寛文8(1668)年八戸2万石を継ぐ。延宝2(1674)年遠江守,貞享4(1687)年譜代に列し,元禄1(1688)年幕府側用人に栄進したが,翌年病気辞職し外様に復した。創藩期の藩政確立に努めた。江戸で没し,芝の金地院に埋葬。<参考文献>前田利見編『八戸藩史料』

(細井計)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部直政の関連キーワード南部八戸大学東北線・青い森鉄道神田重雄奈須川光宝野村軍記橋本お現松尾駿淵森弾右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone