コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰衆 つめしゅう

3件 の用語解説(詰衆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詰衆
つめしゅう

室町幕府,豊臣家,江戸幕府などにおける武家の職名。特に将軍,または主君に近侍し,非常時にそなえた番衆 (→番方 ) 。足利義政のとき,総番中から選んだのが始りという。江戸幕府では,雁間 (かりのま) 詰の譜代大名から選ばれ,交代でこれをつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

つめしゅう【詰衆】

武家政権の職名。一五世紀半ばの室町幕府に設けられ、江戸時代を通じて存続した。将軍家の身辺に常に侍して警固・奉仕の任にあたる人々。江戸幕府においては、雁の間詰めの譜代大名が交代でつとめた。おつめしゅう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone