コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰衆 つめしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詰衆
つめしゅう

室町幕府,豊臣家,江戸幕府などにおける武家職名。特に将軍,または主君に近侍し,非常時にそなえた番衆 (→番方 ) 。足利義政のとき,総番中から選んだのが始りという。江戸幕府では,雁間 (かりのま) 詰の譜代大名から選ばれ,交代でこれをつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つめ‐しゅう【詰衆】

室町時代、当番で毎夜将軍のそばに詰めた者。
江戸時代、雁(かり)の間詰めの譜代大名から選ばれて将軍に近侍した者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つめしゅう【詰衆】

武家政権の職名。一五世紀半ばの室町幕府に設けられ、江戸時代を通じて存続した。将軍家の身辺に常に侍して警固・奉仕の任にあたる人々。江戸幕府においては、雁の間詰めの譜代大名が交代でつとめた。おつめしゅう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

詰衆の関連キーワード蜂須賀隆重蜂須賀隆長田村建顕南部直政武家政権室町幕府室町時代江戸時代堀直景将軍家奉公衆桂久武奏者番東氏数詰衆並御詰衆奉仕身辺平伏奥詰

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android