コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南郷茂光 なんごう しげみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南郷茂光 なんごう-しげみつ

1838-1909 明治時代の官僚,政治家。
天保(てんぽう)9年6月30日生まれ。江戸で村田蔵六(大村益次郎)にまなぶ。慶応3年イギリスに留学。海軍省につとめ,海軍主計大監となる。元老院議官,貴族院議員。明治42年12月11日死去。72歳。加賀(石川県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南郷茂光

没年:明治42.12.11(1909)
生年:天保9.6.30(1838.8.19)
明治期の海軍文官。加賀(金沢)藩士南郷九右衛門の長男。江戸に上り村田蔵六(大村益次郎)の塾で兵学を,下曾根金三郎と高島四郎大夫に砲術を,細川潤次郎に英語を学び,文久3(1863)年藩の軍艦機械頭取として「発機丸」に乗り組む。慶応3(1867)年藩命により英国に留学,帰国後は大阪府判事試補を経て明治5(1872)年兵部省に出仕。以後海軍畑の文官官僚として本省に勤務し,17年には海軍主計大監に転じて総務局副長兼海軍卿秘書官と海軍省の中枢を歩んだ。しかし19年には官制の変更により,海軍省中枢が兵科将校によって占められるようになったため,督買部理事官に移り,22年休職。23年元老院議官となり,翌年議会開設により貴族院議員。実弟遠藤喜太郎,長男南郷次郎ともに海軍少将。書画骨董,謡曲,囲碁を好み,財産家であったという。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

南郷茂光の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android