コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横越 よこごし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横越
よこごし

新潟県中部,新潟市東部の旧町域。新潟平野の中央部にある。 1901年横越村,沢海村,小杉村,木津村,二本木村が合体して横越村となる。 1996年町制。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い大部分江南区,東部の阿賀野川右岸が北区の一部となった。大部分が阿賀野川下流左岸に位置し,米作,野菜栽培,畜産が行なわれ,チューリップの球根やナシを産する。工業では食品加工のほか製造業が多い。南部の沢海 (そうみ) に北方文化博物館がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横越
よこごし

新潟県中北部、中蒲原(なかかんばら)郡にあった旧町名(横越町(まち))。現在は、新潟(にいがた)市の北東部(北(きた)区、江南(こうなん)区の一部)にあたる。1996年(平成8)町制施行。2005年(平成17)横越町は新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、味方(あじかた)村、潟東(かたひがし)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。阿賀野(あがの)川と小阿賀野川に囲まれた蒲原穀倉地帯の中心農村。中央を国道49号が通り、JR信越本線亀田駅からバスがある。古くは横越島とよばれた亀田水郷の州島で、近世は新発田(しばた)藩の分家沢海(そうみ)藩が置かれた。野菜・果樹栽培が盛んで、近年はチューリップの球根生産で知られ、新潟市中心市街地の近郊住宅地化も進んでいる。蒲原大地主であった伊藤家の大邸宅がそのまま残され、北方(ほっぽう)文化博物館になっている。[山崎久雄]
『『横越村誌』(1952・横越村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

横越の関連キーワードメタボリック症候群新潟県新潟市江南区新潟県新潟市北区西川(旧町名)豊栄(新潟県)亀田(新潟県)白根(新潟県)山田 信一郎機能的国家論新潟県新潟市南阿賀油田新潟(市)選挙法改正横越[町]オーダム小林 存専照寺小須戸証誠寺横越町

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横越の関連情報