コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国石油 ていこくせきゆ

3件 の用語解説(帝国石油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝国石油
ていこくせきゆ

国産原油,天然ガスの採掘,精製を主業務とした資源開発会社。国際石油開発帝石の前身。1941帝国石油株式会社法に基づき半官半民国策会社として設立。1942年日本石油日本鉱業,中野興業,旭石油の各石油部門を譲り受け,1943年太平洋石油,日本石油鉱業,1944年北樺太石油をそれぞれ合併。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

帝国石油

米国は1941年8月、中国からの撤兵要求を拒否した日本への対抗措置として、石油輸出を全面的に禁止する。日本は石油需要の9割を海外に頼っていた。政府は9月、国策会社「帝国石油」を設立。翌年、日本石油などを統合し、南方油田の開発・管理体制を整えた。同社は、日本軍が占領したボルネオスマトラなどの南方油田の維持に約5千人を送り込んだが、約2千人が命を落とした。敗戦後、民間会社となった。

(2011-08-19 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

帝国石油

正式社名「帝国石油株式会社」。英文社名「TEIKOKU OIL CO., LTD.」。鉱業。昭和16年(1941)官民半額出資の国策会社として設立。同25年(1950)民間会社となる。本社は東京都渋谷区幡ケ谷国際石油開発帝石ホールディングス子会社の石油会社。石油資源・天然ガスの採掘・精製・販売を行う。平成20年(2008)国際石油帝石ホールディングス吸収合併

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝国石油の関連キーワード撤兵ハルノート遠い国からの殺人者アナザー・ライフ 天国からの3日間ゴースト 天国からのささやき天国からの銃弾アテネのメダル数戦争と天気図中国とアフリカの貿易倭人伝のクニグニ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帝国石油の関連情報