コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博学鴻詞科 はくがくこうしか bo-xue hong-ci-ke; po-hsüeh hung-tz`u-k`o

2件 の用語解説(博学鴻詞科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

博学鴻詞科
はくがくこうしか
bo-xue hong-ci-ke; po-hsüeh hung-tz`u-k`o

中国,清代の官吏登用法における雑途のなかの一科目。康煕帝のとき,臨時の勅令で常設の科挙 (正途) 以外に学行兼備,文章卓絶の士を選抜するため設けたもの。詩賦の試験を主とし,合格者には翰林官を授けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はくがくこうしか【博学鴻詞科 bó xué hóng cí kē】

旧中国に行われた制挙の一つ。博学宏辞科ともいう。鴻詞とは優れた文章の意。唐以来この科目によって,たびたび試験を行ったが,清代に実施された2回が特に有名である。初回は康熙帝の1679年(康熙18),明代の遺老を訪求する目的で行い,朱彝尊(しゆいそん)ら50名を及第させた。しかし明代すでに老成した大家はこの試に就くを屑(いさぎよ)しとしなかった。1736年(乾隆1)に行った制挙は15名を及第させたが,このときは成果に見るべきものが少なかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

博学鴻詞科の関連キーワード科挙南宗帰蔵時文制挙抽分明経臨時の祭文昌神博学宏辞科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone