コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博陸 ハクリク

大辞林 第三版の解説

はくりく【博陸】

〔漢書 霍光伝
関白の唐名。はくろく。

はくろく【博陸】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の博陸の言及

【関白】より

…天皇を補佐して政務を執行する職。執柄(しつぺい),博陸(はくろく),霍光(かくこう)ともいう。中国前漢の宣帝が霍光に対し,〈諸事皆まず関(あずか)り白(もう)すべし〉と命じたのに由来するが,日本では宇多天皇が887年(仁和3)太政大臣藤原基経に対して下した詔に関白の語がみえるのが初例。…

※「博陸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

博陸の関連キーワード土御門通親霍光唐名具瞻絶域漢書

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android