執柄(読み)シッペイ

大辞林 第三版の解説

しっぺい【執柄】

政治権力を握ること。また、その人。 「摂政関白のほかに、-の臣あひならび/保元
摂政・関白の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐ぺい【執柄】

〘名〙
① 政治の権力をにぎること。また、その人。
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「大抵も摂政関白のほかに、執(シッペイ)の臣あひならび給ふ事、希代の例とぞ申しあへる」 〔陳琳‐為袁紹檄予州文〕
② 摂政、関白の異称。
※小右記‐永延二年(988)二月二八日「右少将斉信為上臈之四位少将、而被越、為執柄孫歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の執柄の言及

【関白】より

…天皇を補佐して政務を執行する職。執柄(しつぺい),博陸(はくろく),霍光(かくこう)ともいう。中国前漢の宣帝が霍光に対し,〈諸事皆まず関(あずか)り白(もう)すべし〉と命じたのに由来するが,日本では宇多天皇が887年(仁和3)太政大臣藤原基経に対して下した詔に関白の語がみえるのが初例。…

※「執柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android