即心是仏(読み)ソクシンゼブツ

大辞林 第三版の解説

そくしんぜぶつ【即心是仏】

〘仏〙 主として禅宗で用いる語。仏の心は人間の心のほかにあるのではなく、迷いの多いこの心がそのまま仏の心であるという考え。即心即仏。是心是仏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即心是仏
そくしんぜぶつ

禅の教えを表す代表的な語の一つ。この心こそが仏であるの意味で、衆生(しゅじょう)と仏とはもともと一つであることをいう。馬祖道一(ばそどういつ)が発した語として有名で、即心即仏、是心是仏(ぜしんぜぶつ)ともいう。『華厳経(けごんきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』など大乗経典にも基本的立場や同一の語がみられる。[石井修道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android