コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律 げんしばくだんひばくしゃにたいするえんごにかんするほうりつ

1件 の用語解説(原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律
げんしばくだんひばくしゃにたいするえんごにかんするほうりつ

平成6年法律117号。第2次世界大戦末期,広島市および長崎市で原子爆弾の被害を受けた人々(被爆者)に対する,総合的な援護対策の実施を定めた法律。略称「原爆被爆者援護法」。原爆の放射能に起因する健康被害に苦しむ被爆者に対し,1957年に原子爆弾被爆者の医療等に関する法律原爆医療法),1968年に原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律(原爆特別措置法)が成立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の関連キーワードECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)トリディマイトウンウンセプチウム寺山葵五賢帝鷹島ローマ美術広島市の要覧非同盟諸国首脳会議振り込め詐欺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の関連情報