コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子爆弾症 げんしばくだんしょうatomic bomb disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子爆弾症
げんしばくだんしょう
atomic bomb disease

原子爆弾,水素爆弾,原子炉破損などで被爆した際に生じる疾患のこと。被爆時の各種因子の総和影響する。すなわち,爆風や飛散物による影響,熱線によるやけど,紫外線の作用,X線,γ線,β線の影響,さらに中性子線によって体内にできるアイソトープの影響,放射性降下物の影響などである。被爆直後に起る急性症状と,相当の期間を経てから現れる慢性症状とがある。被爆後の全身反応としては,倦怠感頭重,頭痛,めまい,悪心,嘔吐,食欲不振,下痢などで,白血球が減少し,1mm3中に 3000を割ると回復が困難になる。生殖腺や眼の水晶体にも障害が起る。被爆後,年月を経てから,白血病や癌になることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんしばくだんしょう【原子爆弾症】

一般に広島長崎に投下された原子爆弾に起因すると考えられる疾病のことで,原爆症と略称することが多い。原爆被災者実数を正確にとらえることは,第2次大戦終戦直前の混乱期であったことから難しいが,広島の原爆投下時(1945年8月6日)に市内にいた約42万人の市民のうち約15万9000人(約38%)が,4ヵ月後の1945年12月末までに死亡した。長崎には45年8月9日に投下されたが,その状況は広島よりもさらに不正確であり,約27万2000人が被爆し,約7万4000人(約27%)が早期に死亡したと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子爆弾症
げんしばくだんしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原子爆弾症の言及

【奇形】より

…このような奇形を誘発する因子を催奇形性因子,物質を催奇形性物質と呼んでいる。これらのおもなものには,サリドマイドによるアザラシ肢症(薬剤ないし化学物質)や,原子爆弾症による小頭症(放射線),風疹による先天性心臓奇形(感染症)などがあげられる。さらに,遺伝的要因と環境要因の両者の相互作用によって形成されると考えられる奇形もある。…

※「原子爆弾症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原子爆弾症の関連キーワード原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律原子爆弾投下放射線障害三宅 仁三宅仁

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android