コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田大六(読み)はらだ だいろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田大六 はらだ-だいろく

1917-1985 昭和時代後期の考古学者。
大正6年1月1日生まれ。第二次大戦で召集され,昭和21年中国から郷里の福岡県前原(まえばる)町平原(ひらばる)に帰還。中山平次郎に師事し,平原古墳の発掘調査に参加。その研究成果をもとに「邪馬台国論争」「銅鐸への挑戦」など多数の著作をのこした。昭和60年5月27日死去。68歳。糸島中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android