コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳島の戦 いつくしまのたたかい

百科事典マイペディアの解説

厳島の戦【いつくしまのたたかい】

1555年安芸国(あきのくに)厳島で戦われた毛利元就陶晴賢(すえはるかた)の合戦。元就が晴賢を厳島に破り瀬戸内海の海上権を手中にし,毛利氏興隆の契機をつかんだ。
→関連項目村上水軍毛利隆元

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いつくしまのたたかい【厳島の戦】

1555年(弘治1)毛利元就が,安芸国厳島に進駐した陶晴賢(すえはるかた)を討った戦い。これ以後毛利氏の中国地方制覇の道がひらかれる。51年(天文20)陶晴賢(隆房)は,その主大内義隆を殺し,権勢をほしいままにした。安芸・備後両国をようやく支配下におさめた毛利元就は,陶氏に協力の態度を示したが,54年5月,陶氏に反抗している石見国津和野の吉見氏に呼応して陶氏と絶った。安芸国南西部より陶氏勢力を追放し,厳島をもその支配下においた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

厳島の戦の関連キーワード浮島(山口県)近世説美少年録吉川元春乃美宗勝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android