コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参上る マイノボル

デジタル大辞泉の解説

まい‐のぼ・る〔まゐ‐〕【参上る】

[動ラ四]貴所・都に上って行く。
「―・る八十氏人(やそうぢひと)の手向(たむけ)する恐(かしこ)の坂に」〈・一〇二二〉

もう‐のぼ・る〔まう‐〕【参上る】

[動ラ四]まいのぼる」の音変化。
「兵衛は―・りぬ」〈宇津保・藤原の君〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まいのぼる【参上る】

( 動四 )
貴人の所や都に行く。参上さんじようする。もうのぼる。 「 - ・る八十氏人の手向する恐かしこの坂に/万葉集 1022

もうのぼる【参上る】

( 動四 )
「まいのぼる(参上)」の転。 「昭陽殿は…-・らせ給はず/宇津保 国譲下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

参上るの関連キーワード八十氏貴所参上貴人