参賀(読み)さんが

精選版 日本国語大辞典「参賀」の解説

さん‐が【参賀】

〘名〙 内して意を申し上げること。また、その記帳をすること。《季・新年》
※北山抄(1012‐21頃)四「王卿侍従相引、参賀彼宮
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「御代改りし後六月に至て、三好備前守参賀のために下向せし時」 〔宋史‐職官志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「参賀」の解説

さん‐が【参賀】

[名](スル)参内して祝賀の意を表すること。特に、新年に皇居に行って祝賀の意を表すること。 新年》一般参賀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「参賀」の解説

【参賀】さんが

参内して賀辞を述べる。〔旧唐書、穆宗紀〕詔す。今六日が載(さいたん)の(とき)なり。皇太后宮中に奉し、壽を上(たてまつ)る。~の日、百僚命、宜しく光順門に名參賀すべし。

字通「参」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android