コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友野霞舟 トモノカシュウ

デジタル大辞泉の解説

ともの‐かしゅう〔‐カシウ〕【友野霞舟】

[1791~1849]江戸後期の漢詩人。江戸の人。昌平坂(しょうへいざか)学問所教授、甲府徽典館(きてんかん)学頭。字(あざな)は子玉。霞舟は号。野村篁園(こうえん)に学び、昌平坂学問所の関係者たちと詩社を結ぶ。著作に「霞舟先生詩集」「錦天山房詩話」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友野霞舟 ともの-かしゅう

1791-1849 江戸時代後期の儒者。
寛政3年生まれ。江戸の人。井川東海,ついで昌平黌(しょうへいこう)で野村篁園(こうえん)にまなぶ。昌平黌教授をへて甲府徽典館(きてんかん)の学頭となり,のちふたたび昌平黌でおしえた。その編著「煕朝詩薈(きちょうしわい)」は江戸時代の代表的な詩の選集嘉永(かえい)2年6月24日死去。59歳。名は瑍。字(あざな)は子玉。通称は雄助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とものかしゅう【友野霞舟】

1791~1849) 江戸後期の漢詩人。江戸の人。名は瑍、字あざなは子玉、霞舟は号。幕臣の家に生まれ、昌平黌で野村篁園に師事。著「霞舟先生詩集」「錦天山房詩話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

友野霞舟の関連キーワード乙骨耐軒しょう儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android