双日(株)(読み)そうじつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双日(株)
そうじつ

総合商社。二つの大手総合商社ニチメン(1892設立)と日商岩井(1928設立)を前身とする。2社の経営統合により、2003年(平成15)4月持株会社ニチメン・日商岩井ホールディングスを設立、ニチメンと日商岩井は持株会社傘下の完全子会社となったのち、翌2004年4月に合併、双日となった。同年7月に持株会社も双日ホールディングスと名称変更。2005年10月に双日ホールディングスと双日が合併、双日ホールディングスを存続会社として社名を双日とし、持株会社から事業会社へ移行した。資本金1603億円(2008)、売上高5兆7710億円(2008。連結ベース)。拠点数は国内7、海外90。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android