コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日商岩井 にっしょういわい

2件 の用語解説(日商岩井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日商岩井
にっしょういわい

総合商社。明治,大正期に活躍した鈴木商店の機構と内外取引先を受け継ぎ,その貿易部門であった日本商業を改組して 1928年に日商を設立,1943年日商産業と改称,1949年再び日商と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日商岩井
にっしょういわい

大手総合商社の旧名称。神戸の大商社鈴木商店破綻(はたん)ののち、同店直属の貿易会社であった日本商業会社を母体として1928年(昭和3)に設立された日商と、雑貨仲介商岩井商店(1862年創業)の後身の岩井産業とが1968年(昭和43)に合併した。
 日商はインドのタタ銑鉄、カリフォルニアの原油・重油の輸入を中心に発足したが、その後、鋼材、スクラップ、綿花なども扱って、第二次世界大戦前すでに大手貿易会社の地位を確立。戦後は三井物産、三菱(みつびし)商事の解散によって再編成された業界にあって順調に業務を拡大し、昭和30年代を通して総合商社に成長した。一方岩井商店は1912年(大正1)株式会社となり、大正時代を通して、大阪鉄板製造(現日新製鋼)、日本曹達(ソーダ)工業(現トクヤマ)、関西ペイントなどを設立、また大正末には官営八幡(やはた)製鉄所の指定商となり金属取扱いの基礎を築くなど活発な企業活動を行った。第二次世界大戦中の1943年、岩井産業と改称。戦後は繊維の取扱いにも進出して総合商社化を図って、両社の合併により業界第5位に浮上(1995年第6位)。2003年(平成15)4月、総合商社ニチメンと経営統合し持株会社ニチメン・日商岩井ホールディングス(2004年7月に双日(そうじつ)ホールディングスとなる)を設立、その子会社となり、さらに2004年4月にはニチメンと合併、双日株式会社を発足させた。合併前の日商岩井の資本金1845億円、売上高2兆4115億円(2004)、大阪・東京に本社、国内30か所、国外131か所に営業拠点をもっていた。なお、2005年10月に双日ホールディングスと双日が合併、双日ホールディングスを存続会社とし、社名を双日と変更した。[森 真澄]
『日商岩井株式会社編・刊『岩井百年史』(1964) ▽日商岩井株式会社編・刊『日商四十年の歩み』(1968)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日商岩井の関連キーワード鈴木商店総合商社味の素[株]日商岩井[株]鈴木岩治郎鈴木忠治鈴木三千代鈴木よね高畑誠一田宮嘉右衛門

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日商岩井の関連情報