反デューリング論(読み)はんでゅーりんぐろん(英語表記)Anti-Dühring

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反デューリング論
はんでゅーりんぐろん
Anti-Dhring

『オイゲン・デューリング氏の科学の変革』Herrn Eugen Dhrings Umwlzung der Wissenschaftが正しい書名。盲目のベルリン大学私講師デューリングの論説に対して、エンゲルスがマルクスの協力を得て行った批判の書である。ドイツ社会主義労働者党の中央機関紙『フォーアウェルツ』に1877年から1878年にかけて掲載され、完結と同時に単行本として刊行された。広い分野にわたるデューリングの俗流的な理論を批判するため、本書は、哲学、経済学、社会主義の三つの編からなり、弁証法的唯物論と唯物史観、経済学の対象と方法、価値、資本や、科学的社会主義の主張、といったマルクス主義の包括的な体系の積極的な展開を行っており、マルクス主義理論の百科全書ともいうべき著作となっている。[重田澄男]
『エンゲルス著、村田陽一訳『反デューリング論』(大月書店・国民文庫) ▽エンゲルス著、粟田賢三訳『反デューリング論――オイゲン・デューリング氏の科学の変革』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android