反取・段取(読み)たんどり

精選版 日本国語大辞典「反取・段取」の解説

たん‐どり【反取・段取】

〘名〙 江戸時代、徴租法の一つ。田畑上中下の等級ごとに一反歩当たりの斗代石盛=標準収穫量)を決め、これにその年の(租率)を乗じて年貢取米を決定する法。関東で多く行なわれたのに対し、関西では厘付取(りんづけどり)租法(=村高に免を乗じて取米を決める法)が一般的であった。
御触書寛保集成二三・正徳三年(1713)四月「田畑石盛反取等之次第」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android