コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反革命の罪 はんかくめいのつみ

1件 の用語解説(反革命の罪の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんかくめいのつみ【反革命の罪】

反革命の罪とは,十月革命後のソビエト政権が,1927年の〈国家犯罪に関する規定〉において,労農ソビエト権力および政府を転覆,崩壊または弱体化させ,またはその対外的安全および革命の経済的・政治的ならびに民族的成果を崩壊または弱体化させるすべての行為をいうとして定義したもので,具体的には,祖国に対する反逆,武装反乱,外国との通謀,スパイ,破壊活動,テロ行為,反革命的扇動,反革命団体への加入,反革命的サボタージュなどの犯罪類型を含んでいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

反革命の罪の関連キーワードサビンコフジダーノフ社会革命党十月革命ソビエトトロツキー白衛軍レーニン十一月革命白系ロシア人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone