コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り続く トリツヅク

デジタル大辞泉の解説

とり‐つづ・く【取り続く】

[動カ四]
次から次へと続く。引き続く。
「―・き追ひ来るものは百種(ももくさ)に迫め寄り来たる」〈・八〇四〉
生計を立てていく。
「商売物を小体にして、渡世に―・き」〈浮・歌三味線・一〉
[動カ下二]次から次へと続ける。
「空(そら)消息をつきづきしく―・けて」〈藤袴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とりつづく【取り続く】

( 動四 )
〔「とり」は接頭語〕
つづく。ひきつづく。 「年月は流るる如し-・き追ひ来るものは/万葉集 804
生計をたててゆく。 「何様どうにも為て-・いてお呉んなはれば/人情本・梅美婦禰 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

取り続くの関連キーワード接頭語人情本

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android