コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取次商 トリツギショウ

大辞林 第三版の解説

とりつぎしょう【取次商】

取り次ぎに関する行為を営業とする商人。商法上、問屋・運送取扱人・準問屋の三種がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

取次商
とりつぎしょう

自己の名をもって、委託者の計算において、法律行為をなすことを引き受けることを営業とする商人(商法502条11号・4条1項)。日本の商法では、取次行為の対象により三つの取次商が定められており、物品の販売または買入れを取次の対象とする問屋(といや)、物品運送の取次をなす運送取扱人、それ以外の法律行為を取次の対象とする準問屋(出版・広告の取次業、保険契約の取次業、旅客運送の取次業など)がそれである。[戸田修三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

取次商の関連キーワード大蔵永常買継商三種

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android