コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取次商 トリツギショウ

3件 の用語解説(取次商の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりつぎ‐しょう〔‐シヤウ〕【取次商】

取り次ぎに関する行為をする商人。商法では問屋・運送取扱人準問屋の3種を認めている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

取次商
とりつぎしょう

自己の名をもって、委託者の計算において、法律行為をなすことを引き受けることを営業とする商人(商法502条11号・4条1項)。日本の商法では、取次行為の対象により三つの取次商が定められており、物品の販売または買入れを取次の対象とする問屋(といや)、物品運送の取次をなす運送取扱人、それ以外の法律行為を取次の対象とする準問屋(出版・広告の取次業、保険契約の取次業、旅客運送の取次業など)がそれである。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

取次商の関連情報