コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運送取扱人 うんそうとりあつかいにんforwarding agent

翻訳|forwarding agent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運送取扱人
うんそうとりあつかいにん
forwarding agent

荷送人と運送業者との中間にあって,確実,低廉,迅速な経路や時期を選定して運送の取次ぎをする専門業者。自己の名で物品運送の取次ぎを業とする者 (商法 559) をさす。運送の距離の伸長と複雑化に伴い,荷主が自分で適当な運送人を選んで運送契約を結ぶことが,だんだん困難になってきたことにより出現した。日本通運などの通運業者がこれに該当するが,運送取次ぎの専業者は少く,実際上,運送品の集荷・配達などの付随運送やみずから元請となって他の運送機関を下請けとして利用する利用運送などの業務を兼営するものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うんそう‐とりあつかいにん〔‐とりあつかひニン〕【運送取扱人】

物品運送の取次を業とする者。運送人と委託者の間に立ち、取次者名義の運送契約を結ぶほか、運送の手配をする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うんそうとりあつかいにん【運送取扱人】

物品運送の取次をなすことを業とする者(商法559条)。その営む業が運送取扱営業である。運送取扱人は,運送品発送人の計算において,かつ自己の名において運送契約を締結する。取次を業とする点では問屋(といや)と同じだが,物品運送の取次である点,売買の取次たる問屋と異なる(特別の規定がある場合以外は問屋に関する規定が準用される)。運送機関が発達して複雑多様化し,また運送の距離が伸長してくるにしたがい,適切な運送人や運送方法を迅速に選択するために,運送依頼者と運送人との間に介在して取次行為をなす者として運送取扱営業が発達したのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うんそうとりあつかいにん【運送取扱人】

自己の名をもって物品運送の取次を業とする者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone