コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受容理論 じゅようりろん

百科事典マイペディアの解説

受容理論【じゅようりろん】

1960年代末に生まれた文学理論。英語reception theoryの訳。ドイツ語圏では受容美学とも称される。ドイツのコンスタンツ大学でH.R.ヤウス,W.イーザーらによって理論化・実践された。
→関連項目フィッシュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

受容理論の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android