コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口米・口永 くちまい・くちえい

2件 の用語解説(口米・口永の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口米・口永
くちまい・くちえい

江戸時代,年貢米の輸送・保管中に減損した分を補うためにあらかじめ課した付加税。口米はそれを米で,口永は貨幣で納めるものをいう。鎌倉時代にはすでに口籾 (くちもみ) という付加税があり,豊臣秀吉は年貢1石あたり口米2升と定め,江戸幕府は元和2 (1616) 年,貢米1俵につき口米1升,貢永 100文につき口永3文と付加率を定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口米・口永
くちまいくちえい

江戸時代における付加税。年貢納入の際、その減損を補うためにまえもって一定額の米を付加して納入させたのが口米であり、金納の場合にこれに付加して銀または銭を納めさせたのが口永である。両者を略して口米永ともいう。幕府は1616年(元和2)に、口米を年貢米1俵(3斗5升)につき米1升、口永を100文に3文と定めているが、1644年(正保1)にはこれを改正、関東は3斗7升1俵(計立(はかりだて))に口米1升、永100文に口永3文、関西は1石に口米3升としている。[吉永 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口米・口永の関連キーワード欠米物成納め宿口籾貢米沢手米本石御膳米年貢米年貢米輸送

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone