コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口米・口永 くちまい・くちえい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口米・口永
くちまい・くちえい

江戸時代,年貢米の輸送・保管中に減損した分を補うためにあらかじめ課した付加税。口米はそれを米で,口永は貨幣で納めるものをいう。鎌倉時代にはすでに口籾 (くちもみ) という付加税があり,豊臣秀吉は年貢1石あたり口米2升と定め,江戸幕府は元和2 (1616) 年,貢米1俵につき口米1升,貢永 100文につき口永3文と付加率を定めた。ただし税率や品目には地域差,時代差があり,八丈島の口紬,生野銀山の口銅など特殊なものもあった。幕府は,代官所の経費として下付していた口米,口永を享保 10 (1725) 年以降,本年貢同様公納化し,諸藩も多くこれを採用,明治維新を経て地租改正まで存続した。 (→欠米〈かんまい〉)

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口米・口永
くちまいくちえい

江戸時代における付加税。年貢納入の際、その減損を補うためにまえもって一定額の米を付加して納入させたのが口米であり、金納の場合にこれに付加して銀または銭を納めさせたのが口永である。両者を略して口米永ともいう。幕府は1616年(元和2)に、口米を年貢米1俵(3斗5升)につき米1升、口永を100文に3文と定めているが、1644年(正保1)にはこれを改正、関東は3斗7升1俵(計立(はかりだて))に口米1升、永100文に口永3文、関西は1石に口米3升としている。[吉永 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

口米・口永の関連キーワード口銭(こうせん)地方三帳郷帳吉永延米

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android