コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代山城遺跡 こだいやましろいせき

知恵蔵の解説

古代山城遺跡

香川県高松市で2002年3月、城門跡らしい遺構が見つかった。安山岩の3段構造で幅約5m、奥行き約10m。排水溝や炭化材木なども出土。すでに分かっている石垣跡なども含め、日本書紀にある屋嶋城(やしまのき)の遺跡とみられる。福岡県・大野城、大阪・奈良府県境の高安城など史書記載の山城のほか、岡山県総社市・鬼ノ城(きのじょう)、福岡県大平村・唐原神籠石(とうばるこうごいし)などの山城も、7世紀の朝鮮半島の緊張に伴う防衛施設との見方や論争がある。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

古代山城遺跡の関連キーワード香川県高松市

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android