古代都市ボスラ(読み)こだいとしボスラ

世界遺産詳解の解説

こだいとしボスラ【古代都市ボスラ】

1980年に登録されたシリアの世界遺産(文化遺産)。ボスラは、首都ダマスカスの南約110km、ヨルダン国境近くにある町で、ここにある隊商都市の遺跡が世界遺産に登録されている。ボスラの最古の記録は、紀元前14世紀の文書で確認できる。紀元前1世紀、ナバタイ王国の最初の都市となったが、106年にローマ帝国に征服され、ローマ劇場、浴場、列柱付き大通りがつくられ、地中海とアラビア海を結ぶ交易の拠点として繁栄した。ローマ帝国の東西分裂後は、東ローマ帝国に属し、7世紀半ばにはイスラムの支配下に入り、12世紀には十字軍の侵攻に備えてローマ劇場は要塞化された。ただし、メッカへの巡礼のルートから外れてしまったため次第に衰退した。ボスラは、2011年以降のシリア騒乱に巻き込まれ、国内外の注意を喚起するために、2013年に危機遺産リストに記載された。◇英名はAncient City of Bosra

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android