コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古剣智訥 こけん ちとつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古剣智訥 こけん-ちとつ

?-1382 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。出雲(いずも)(島根県)雲樹寺の孤峰覚明(かくみょう)の法をつぐ。元(げん)(中国)でまなんだ後,和泉(いずみ)(大阪府)大雄寺にはいった。南朝の後村上天皇に法を説き,生前に仏心慧灯国師の号をあたえられた。永徳2=弘和(こうわ)2年5月17日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古剣智訥の関連キーワード後小松天皇シルバン・シャー国バルクーク後小松天皇オレーム華夷訳語周期表ドム塔後円融天皇後小松天皇

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone