古剣智訥(読み)こけん ちとつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古剣智訥 こけん-ちとつ

?-1382 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。出雲(いずも)(島根県)雲樹寺の孤峰覚明(かくみょう)の法をつぐ。元(げん)(中国)でまなんだ後,和泉(いずみ)(大阪府)大雄寺にはいった。南朝の後村上天皇に法を説き,生前に仏心慧灯国師の号をあたえられた。永徳2=弘和(こうわ)2年5月17日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android