コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古岳宗亘 こがく そうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古岳宗亘 こがく-そうこう

1465-1548 室町-戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)6年生まれ。臨済(りんざい)宗。実伝宗真の法をつぎ,京都大徳寺住持となる。同寺に大仙院をたて,その石庭を考案。後柏原(ごかしわばら)天皇,後奈良(ごなら)天皇の帰依(きえ)をうける。また堺に南宗庵(のちの南宗寺)をつくった。天文(てんぶん)17年6月24日死去。84歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は六角。諡号(しごう)は仏心正統禅師,正法大聖国師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の古岳宗亘の言及

【大仙院】より

…京都市北区にある臨済宗大徳寺の塔頭。1509年(永正6)古岳宗亘(こがくそうこう)の開山。大徳寺北派の本庵。…

※「古岳宗亘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古岳宗亘の関連キーワード大仙院書院庭園戦国時代津田宗達大林宗套村田珠光武野紹鴎高桐院宗亘寛正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android