コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古物市 ふるものいち

世界大百科事典 第2版の解説

ふるものいち【古物市】

市で交換される物資は,元来新旧の区別はなかった。近年は実用以外に装飾用やコレクションの対象として古いものがもてはやされ,中古の家具,時計,食器,衣類などを売る市が〈がらくた市〉などとも称されてにぎわっている。京都の〈弘法市〉と〈天神市〉は江戸中期ごろから定期化したと考えられ,今は各地から業者が集まる。東寺境内での毎月21日(弘法大師命日)の弘法市は,1500の露店が並び,12月はとくに〈しまい弘法〉といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

古物市の関連キーワードフリーマーケットのみの市蚤の市ぼろ市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android